ワーキングホリデーで英語をマスター

ワーキングホリデーは、日本とオーストラリア、ニュージーランド、 カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、韓国などとの間で1年を目安に相互に青年を受け入れることによって、 国際的な視野を持った青年を育てることが目的です。

 

ワーキングホリデービザを取得して1年間の滞在が認められますと、その間、英語の勉強、アルバイト、ボランティア、旅行など様々な目的で活動出来ますからとても便利な制度なのです。

 

ワーキングホリデーは留学では認められないアルバイトが認められていることから、少ない費用で海外に滞在出来ることが一番の利点なのです。

 

現在、英語圏ではオーストラリアとニュージーランド、カナダ、イギリスが有り、下手な留学で現地の日本人同士で遊んだりして時間を浪費するよりは、アルバイトも行えるワーキングホリデーの方がより生きた英語が学べて有意義な場合も有り得ます。

 

但し、ワーキングホリデーは18歳以上30歳以下の子供の無い方が対象ですので注意が必要です。

 

→→ 次の記事:「映画で英語の勉強」へ

ワーキングホリデーで英語をマスター【英語の学習方法】関連ページ

留学
映画で英語の勉強
海外旅行積極的英語活用法
ミュージックで覚える英語