留学して英語をマスター

本格的に英語を勉強するにはやはり留学です。

 

日本で生活しながら英語を勉強するのと、留学することの一番の違いは英語での生活体験の有無です。 留学すれば生活の全てが英語ですから、寝ている時間以外は全て英語の勉強と言えます。

 

また現地で生活しながら現地の語学学校へ通うと、外国人の友人が出来たりすることによって、より一層の英語学習の効果が期待出来ます。

 

留学の期間は、短期留学の場合は1〜2週間から1カ月、長期留学の場合は1〜2年が標準です。

 

留学先はアメリカ、ハワイ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、イギリス、アイルランドなどですが、イギリスやアメリカ東海岸は日本人が少なくヨーロッパ人が多いのでお奨めです。

 

また留学の目的は、一般英語、現地の大学への進学準備、ビジネス・医療などの専門英語、英語+趣味など様々です。

 

費用は期間や留学先や目的によって様々ですので、事前に十分な下調べをお奨めします。 また留学斡旋会社やエージェントを上手く活用することも必要です。

 

→→ 次の記事:「ワーキングホリデー」へ