リスニングの基本

リスニングの基本の第一番目はリピーティングです。

 

リピーティングは一つの文章を聞いて、その文章を口頭で繰り返す勉強法でリスニングの基本中の基本です。

 

中学校の英語の時間に良くやった様な気がしますが、あの時はリピートでも文章を読み返すだけでしたが、リピーティングは文章を見ては意味が有りません。

 

また発音を正確に聞き取らなければ、正確な発声が出来ません。

 

二番目に、ディクテーションです。 ディクテーションはいわゆる英語の書き取りで、CDなどで聞いた英語の一文を紙に書き取ります。

 

ディクテーションの利点は、リピーティングと違い後に文章が残りますから正確に聞き取れたかどうかを自分で確認することが出来ます。

 

リスニングの基本の三番目は、じっくり聞くことと多く聞くことです。

 

最近はリスニングの練習のための良い教材がたくさん発売されていますから、ネットで自分に合った教材を選んで、最初はじっくり聞く練習を重視し次第に多く聞くようにすると効果的です。

 

そしてリスニングの練習は市販の教材だけではなく、テレビの外国映画や海外ドラマでもリスニングの練習をすることが出来ます。

 

日本語に吹き替えられている外国映画や海外ドラマの音声を切り替えて、英語で聞く習慣を付けると教材には無い生のネイティブスピーカーの発音を経験することが出来るのです。